〜 外為(FX)投資ビギナーのためのガイドブック 〜

 

外国為替市場

外国為替市場とは、円やドルなどの各国通貨を交換(売買)する場です。

よく耳にする「外為」とは、正確には「外国為替取引」を指します。この時に用いられる交換比率が「外国為替レート」と呼ばれ、そのレートが決められる場所を一般的に「外国為替市場」と呼んでいます。
例えば海外旅行では、日本円は旅先でそのままでは使えないので、現地の通貨(例えば、米ドル、英ポンド、ユーロなど)に交換しなければなりません。このように異なる通貨どうしを交換することを「外国為替取引」といいます。

外国為替市場とはなんでしょうか。
〜実は目に見える形では存在しません〜

「今日の東京外国為替市場は…」。テレビのニュースでそんな言葉を耳にする度、外国為替を取り引きする特定の場所を思い浮かべたことはありませんか?為替取引には、株式市場のような具体的な取引所はなく、為替市場とはいっても実はバーチャルな存在なのです。

一般的に、外国為替市場とは、「インターバンク市場」を指します。インターバンク市場とは、銀行などの金融機関同士が為替取引をする銀行間取引のことで、各金融機関が電話や通信端末で連絡を取り合い、100万通貨単位で通貨の売買をしています。 一方、個人や企業が通貨を取り引きする場合には、金融機関を介して、インターバンク市場で取り引きすることになります。こうした金融機関対個人や企業の取り引きは、「対顧客市場」と呼ばれています。みなさんが金融機関を通じて円を売って米ドルを買ったりするのは、対顧客市場というわけです。

外国為替市場での取り引きは、売り手と買い手が一対一の関係で通貨、数量、価格を決めて行われます。これを「相対(あいたい)取引」、といいます。取り引きの条件は個々のケースで異なり、取り引きする相手によって為替レートが異なる、ということが起り得ます。同じタイミングで外貨を買おうと思ったとき、複数の金融機関のレートを比べると、どこかが高くて、どこかが安い、といったこともあるのです。

外国為替市場の取引時間
 〜24時間休みなし〜

外国為替市場は、「24時間眠らない市場」といわれています。この言葉でも示されているように、外国為替市場では、東京、ロンドン、ニューヨークなどの世界の三大市場を中心に24時間休みなく、絶えず世界のどこかで取引が行われています。 (ただし、土・日曜日、それぞれの国の祝日・休日は除きます。) 月曜の朝(日本時間4時)にはニュージーランド(ウェリントン)で取り引きがスタート。8時からは東京で取り引きがはじまり、フランクフルト、ロンドン、ニューヨークと、西に向かってリレーされます。24時間、その時々の為替レートで取り引きができるわけです。

Favorite

Last update:2017/2/7


当ホームページは情報の提供のみを目的としています。投資に関する最終決定はご自身の判断でなさいますようお願いいたします。

Copyright(c)2008.FXビギナーズ. All rights reserved.